助成金コンサルティング
お電話でのお問い合わせ先
お問い合わせはこちら
 
“助成金のプロ”に、お任せください!

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取扱っている支援金のことを助成金と呼んでいます。厚生労働省で取扱っている助成金は条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。主に雇用(ヒト)に関係するときに活用できます。具体的には、労働者を雇入れる時、労働者に教育訓練を行う時、福利厚生を充実させる時などに助成金を活用します。雇用(ヒト)に関係することは会社経営を行っていく上で様々な場面で登場してくる為、助成金の種類も必然的に多く、その数はなんと50種類以上にものぼります。


助成金とは?

国から支援を受けられるものには、助成金の他に、補助金や公的融資がありますが、公募制が多く審査が行われ条件を満たすのに難関の多い「補助金」や、国民生活金融公庫など返済が必要な「公的融資」とは違い、「助成金」とは厚生労働省所管で取り扱っている支援金で「融資と違い、返済不要で国から貰えるお金」のことをいいます。

よく融資と勘違いをされ「返済する義務があるのでは?」と誤解されることがありますが、その必要は全くありません。

「助成金」は一度貰えれば返済する必要はなく、そのまま会社の純利益として使用することができるのです。

  • 返済は不要
  • 財源は?
  • 業種、業態




マッチングテストをしてみるお問い合わせはこちら


取得までの流れ

取得の流れ

  • 新たに社内で設定する制度の概要を、計画書として指定書類を作成して提出。
  • 申請した厚生労働省の労働局より、計画に対する承認を受理。
  • 弊社より、社内で新たな制度を周知するためのコンサルティングを行い、新制度を実施します。
  • 制度実施後、必要書類を用意して支給申請を行います。
  • 実際に厚生労働省より支給され、御社に入金があります。
  • 厚生労働省より支給されたのち、弊社へコンサルティング料をお支払いいただきます。


マッチングテストをしてみるお問い合わせはこちら


よくあるQ&A

助成金は必ずもらえますか?

助成金や補助金は申請すれば必ずもらえる、というものではありません。ただし、各助成金の公募要領をしっかり理解し、求める要件を実施すればもらえる可能性は高くなります。

助成金って返済しなくていいんですか?

助成金は融資ではないため、返済の必要はありません。また、使い道も制限されていません。ただし、申請書類の不備や虚偽報告などがあると不正受給とみなされ、返還命令を受ける場合がありますので、注意が必要です。

助成金を受けるための事業主の条件はありますか?

助成金を受けるための最低限の条件として、主に次の4つがあります。
①労働保険制度に加入していること
②出勤簿、賃金台帳などの法定帳簿類の作成・管理・保管
③採用前後6か月間(合計1年間)に、従業員を解雇した事例がないこと
④労働保険料の滞納がないこと

助成金を活用することのメリットとは何ですか?

助成金を活用することのメリットは様々あります。
助成金は返済不要なため経費削減になります。
また会社環境をより健全にしていく効果もあります。

当社は従業員2人の零細企業です。このような零細企業でも助成金は受給できますか?

もちろん条件に当てはまりさえすれば助成金は受給できます。助成金は中小企業に手厚い制度となっています。どんなに小さな会社でも条件さえ合えば助成金は受給できます。

Latest Articles

Monthly Archive